女 毛が濃い 処理

毛が濃いと悩む女性がムダ毛処理から開放される唯一の方法

毛が濃いと肌を露出しづらい。ムダ毛処理に時間が掛かる。等様々なデメリットがあります。そんな毛が濃い女性の悩みを解消する方法をご紹介しています。

脇や足、腕など…無駄毛処理との闘い

無駄毛処理との闘いは中学生の時から始まりました。

脇や足、腕などをカミソリや毛抜き、毛を絡め取って抜くタイプの脱毛器、他に、ワックスやヤスリタイプのもので無駄毛を除去するものなど数多くの無駄毛処理グッズを使ってきました。 今思えばどれも、肌に負担をかけるものがだったり、肌の滑らかせが保たれないものだったり、除去の速さがいいので使っているだけのものもありました。

無駄毛処理は毎日、2、3日毎に行うことなので、スピーディーにお手軽に出来る処理ぐっずを使いがちです。でもそれが肌への負担かけてしまいました。埋れ毛や毛が濃くなったり、余計に無駄毛処理の負担をかけてしまう肌にしてしまいました。

そんな中、大学生の時に脱毛サロンに行き始めました。低価格で勧誘もなく、脱毛効果を感じられるサロンが増えて行き、社会に浸透していったことは感謝の気持ちを覚えるほどです。

本当に無駄毛処理の時間から解放されました。最近の子は小学生くらいから無駄毛処理をしているのかもしれません。自宅での無駄毛処理の肌へ負担が一般的に浸透している現在、中学生でも脱毛サロンに行く時代になっています。 将来、大人になってから、滑らか肌を維持することや無駄毛処理の煩わしさを考えたら、子供の時から脱毛サロンに通わせてあげることは、親から子供への将来に渡るプレゼントだと思います。私も子供を脱毛サロンに通わせてあげたいと思っています。

今は脇の脱毛だったら非常に安い金額で脱毛できるお店も多いみたいでいいですよね。昔は脇だけでも数万円はしましたからね。思春期の時期は脇の毛に一番悩んだので、娘には脇脱毛だけは早い時期から脱毛させてあげたいですね。

※嘘みたいに安いところを見つけたので紹介しておきますね。思春期の娘がいるママさんは詳しく見てみるといいと思いますよ。

やっぱり脱毛サロンが1番。

父親が体毛が濃く、毛の量多かったので遺伝しました。小学生高学年の頃から、毛が濃いことがコンプレックスでした。

小学生の頃はむだ毛の処理をどうしたらいいか知識ぐなく、父親のカミソリで2日に1回お風呂で剃っていました。体を洗った泡で剃っていました。カミソリで剃ると余計に毛が濃くなると聞き、剃るのをやめました。

どうしたらいいのかな〜と悩み薬局へむだ毛処理方法を見つけに行きました。そこで、脱色と毛を抜く方法を知りました。まずはクリームを塗りタオルでふく、毛をとかす方法を試しました。 きれいに脱毛されるけどすぐにクリームがなくなってしまい、その頃のお小遣いでは続けられず。。カミソリで剃るのを再開しました。それから大学生になる頃までずっとカミソリを使って処理していました。

大学生になってアルバイトをはじめ、脱毛サロンに通いはじめました。毛が濃いので施術の回数が多いものをすすめられ契約しました。施術に3時間もかかり、自分でやるのとは大違い。はじめは痛みにも慣れず本当に永久脱毛なんてできるのかな。。と不安でしたが、全部終えてみると全く毛は生えてきません。 スカートをはくからと焦ることもないし、とっても楽ちんです。費用はかかるけどやってよかたったな〜と思っています。

ページ一覧|さりげなく困るヒゲコンプレックス1本2本でうるさい旦那のためにむだ毛に悩む私が車内の脱毛広告を見て

Copyright © 毛が濃いと悩む女性がムダ毛処理から開放される唯一の方法 All rights reserved